2012年05月20日

有機農予備校(2012年05月)〜合鴨水稲同時作コース

2012年05月20日(日) 合鴨水稲同時作コース
2012年度の有機農予備校、合鴨水稲同時作コースからのレポートです。

H24年5月20(日)日、有機予備校本年度3回目(ドラゴンファーム田んぼ編)

今年度の予備校生は3名だが、今日は法事などの急用で二人は欠席。
なのに、昨年の予備校生3人が今年もとかけつけ、総勢4名でにぎやかに開催することが出来た。

今日は、稲作でもっとも大事な田植えの実習。
2反部強の田植えを今日中に完了させる予定。
先ずは、田植機の走り方の机上講義。画を使って、基本的な走り方を説明する。
如何に綺麗に一筆書きで走行、脱出するかが、ポイント。
自分が始めた頃は誰も教えてくれる人が無く、何とも無惨な仕上がりだったことを鮮明に覚えている。

次いで、田んぼに入って畦際の盛り上がった土の均し作業。
鍬を使って均しているのやら盛り上げているのやら、ハラハラしていたがだんだん、仕上がっていく。一安心。

そこでいよいよ田植機に乗って植え付け開始。
勿論運転は自分がして予備校生はその手伝い作業から。写真は、稲苗トレイを田植機へと渡してもらっているところ。このあうんの呼吸がスムーズに田植えできるかどうかのひとつのポイントでもあります。

20120520_01.jpg

そうこうしている間に、家内が宅急便営業所止めで大阪から送られてきたアイガモのヒナ50羽を引き取ってきてくれた。そう、田植えの日か、その前の日に生まれたヒナが合鴨農法ではもっとも適した方法なのです。

輸送箱を開いて、最初に砂糖水を一羽一羽与える役が本来ならば私であるべきなのだが、今日は予備校。貴重な体験を生徒達にやってもらう。このとき、声をかけてやり、この人が親だよという刷り込みをしておくと、後々、カモ集団を制御するのがうんと楽になるのです。

20120520_02.jpg

今回は仕方ないので、そのうち、かもを一旦ひもじい状態にしてから、刷り込みをやってみようと思います。

さて、田植えも順調に推移し、最後はみんなで補植作業。畦周りをくまなく一周と、歯抜け部に手植えしていく作業です。
今までは余り重視していなかったのですが、周辺は陽当たりよく、雑草が生えやすいので補植しておいた方が後々、楽になるということを体験してきたからやることにしたのです。

20120520_03.jpg

予定通り、田植え、補植まですべてを完了したので、既にアイガモが田んぼで活躍している最初の田んぼへと移動。そこは、3週間前に田植えを済ませたので既にアイガモは3週齢になっており、大きくなってきています。

写真は田んぼの中のエサ場に集まってきた鴨達。

20120520_04.jpg

既に刷り込みが終わっていますので私が呼べば、どこへでも殺到してきてくれます。
此の習性を利用して、田んぼの中でヒエや雑草の芽生えが多いところで呼びつけ、そこにエサを播いてやると、瞬く間に雑草が踏みつぶされるということがわかりました。
今年は此の作戦でヒエ取りがうんと楽になるのではないかと期待しています。

二期生も卒業生もいやされながら一日を学び、楽しみました。

新入生と卒業生の交流もあり、貴重な田植え体験でしたね!
posted by 有機の郷づくり at 00:00 | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年12月18日

有機農予備校(2011年12月)〜合鴨水稲同時作コース〜

2011年12月18日(日) 合鴨水稲同時作コース
2011年度最後の有機農予備校となりました。合鴨水稲同時作コースからのレポートです。

H23年12月18日予備校(本年度10回目最終回) ドラゴンファームにて

5人の生徒のうち、4人は今回が本年度の最終回だが、
後発で参加したもう一人があと2回あるので、1月2月も自己責任で参加させて欲しいという。
その熱心さに快く了承。
都合3回で崩壊した大ハウスの解体、再組み立てを勉強しようということになった。

20111218_01.jpg

早速今日はその為の事前片づけ作業。
ハウスの周りは資材置き場になっていたので先ずはそれを撤去する必要がある。
隣接した畑に防草シートを張り、そこに、パイプや支柱、クワ類を種類別に並べていく。
大勢でやるから作業ははかどる。
こういうときはこちらも大助かり。

資材の撤去が終わったあとはいよいよ、
ハウスと一体化して取り付けていたハウス周囲の防草シートの取り外し。
この頃から、単なる片づけではなく、
ハウスがどういうメカで組み立てられているかの実地勉強となる。
ビニペットでのシート固定法、螺旋杭の取り外し方、
22mmパイプの接続部の回転防止構造の理解などなど。

午前一杯かけて、ハウス周りはすっかり片づき、
いよいよビニールをはずせる段階まで来たが、今日はこれで終了。
午後は決まって風が強くなるので大きなビニールをはずすのはとても危険だからだ。
大凧のように人間ごと空中に吹き飛ばされかねないのである。
従ってそれは、次回の午前中ということにした。
このあとは昼食だが、その前にサトイモ掘りの体験。
種芋、親芋、小芋、孫芋の付き方を発見して大歓声。
そう、食べるだけで育てを経験していないと、こんな事でも感激なのだと改めて驚く。
とったサトイモはアルミホイールでくるんで焼き芋に。
真っ白でとろけるように焼き上がった芋の美味しいこと。
またまた歓声が上がる。

20111218_02.jpg

昼食後は腹ごなしに川向こうの山菜畑まで散歩。
ここの2枚に植えた小麦の麦踏み体験。
これも大勢でやるから効率のいいこと。
疲れたり飽きたりしないうちに2枚の畑が完了。
年明けにもう一二度踏めば立派なたくましい麦になるでしょう。

20111218_03.jpg

ハウスに戻ってみると、
午前中に仕込んだクンタン作りの山からの煙の出が悪くなっていて
残念ながら今日中のクンタン完成とまでは行かなかったが
富士山式のクンタン作成法はわかってもらえたと思う。

20111218_04.jpg

このあとは9月に植え付け実習した
冬野菜の大根、ブロッコリー、キャベツ、白菜などのおみやげ兼用の収穫体験。
11月は感謝祭の実習カリキュラムだったので
2ヶ月ぶりの成長にみんな目を丸くして喜んでいた。
それに、人参、ねぶかネギも最高の時期でみんな大満足。

20111218_05.jpg

最後は予備校の修了証書を授与してめでたく修了式。いい生徒達でした。

受講生のみなさん、1年間お疲れさまでした!!
posted by 有機の郷づくり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年09月04日

有機農予備校(2011年9月)〜畑露地野菜コース〜

講師自らレポート!じっくり読んでください!!

2011年09月04日(日) 畑露地野菜コース @よしもと農場

台風12号の影響で、数日前からこの日曜日の天気が悪くなると予想されていたけれど、
前日の9月3日に今回の有機農予備校を強行することを決める。
前日の天気予報では、大雨の予報。

日時を変更した場合、三人の受講生のうち、誰かが都合が悪くなり参加できなくなるおそれがあったため、前から決まっていた通りのことをした方が、問題ないだろうと判断した。

しかし、当日朝になり、東京からの参加者から連絡が入る。
いつも使っている道が通行止めのようで、今回は欠席とのこと。
不参加の方が出ることは残念だと思ったし、今回の自分の判断についても少し考えたが、
台風の影響でしかたのないことだと思い直す。

そして本日の天気は曇り時々雨といった感じ。特に午前はあまり雨が降らなかった。
問題なく二人の受講生が来てくれて有機農予備校がはじまる。
1人は同じ富士宮の方。もう1人の方も同じ静岡県、伊豆の国市の方だ。

本日の講義内容

1、今月に播く野菜、玉ねぎについて
栽培方法から来歴、特性なども学ぶ。
裏栽培方法の小玉ねぎから葉ねぎを取る方法、冬に新しい玉ねぎを手に入れる方法など、
ちょっと余計な話しもさせていただいた。
テキストは前日自分が作ったものを主に使う。
参加者のお二人はいつもたくさんの質問をしてくれて、一代雑種の話し、
マルチングのいろいろ、霜対策などの話しでさらに盛り上がる。

2、前回からの続きで、土つくりについてのお話。
酸性土に対する対策。どうして酸性に傾くのか?それに対しての資材は何が有効か。
酸性に強い野菜、弱い野菜などなどについて、市販のテキストを利用して進めていった。
酸性土矯正資材は陶器を作る際のうわ薬になることを教えてもらった。

3、よしもと農場での有機農予備校で初めての試み。DVDの視聴
今回の1日座学の目玉カリキュラム。
アメリカを中心にカナダからメキシコにかけての遺伝子組み替え作物に対するレポート
作られたのは2004年ですこし古いが、最近あまり言われていない、組み替え作物の恐ろしさ、
アメリカ社会の勝手さ、種を守っていくことの大切さなどを訴えている。
今この時季に見てよかったと思う。タイトルを書き忘れていましたが、「食の未来」と言うものです。
アメリカで作られたドキュメンタリー映画ですが、日本語版は有機農研から出ています。
ちなみに日本語版を出すのに坂本龍一もすこし関わっていたようでびっくりしました。
さらにちなみに、わが家にDVDプレーヤーが来たのはついひと月ほど前です。手に入れておいて良かった。

余談は続きますが、
春の有機農予備校で、バジルを播き、それをみなさんに持って帰ってもらいました。
そして本日、伊豆の国市のTさんから、立派に育った大葉バジルで作ったジェノバペーストを頂きました。いやー、うれしいねぇ。

終了時間の4時をすぎてからも、富士宮からの参加者、Sさんのお勤めしている事業所で飼われている、烏骨鶏や、ウズラの話しで盛り上がる。

と言うような内容で、第7回有機農予備校@よしもと農場が行われました。

雨の中参加された皆さん、お疲れさまでした!
台風の影響で参加できなかった皆さん、とても残念でした。
今回の研修内容をブログで見て、気になった所がありましたら、
次回の有機農予備校で講師に質問してくださいね!
posted by 有機の郷づくり at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年08月31日

有機農予備校(2011年8月)〜畑露地野菜コース〜

講師から有機農予備校のレポートが届きました!!

2011年08月20日(土) 畑露地野菜コース @なごみ農園

今回は、
座学:「始めるためのノウハウ、続けるための秘訣
実技:「生育の確認
でした。
時期的に暑いため、今回は、早朝7時半からの開始にして、午前中で終了としました。

座学を1時間ほどで、おもに農地、家、お金の手当ての仕方。
続けるためには、「人とのつながり」「枠を作らない」が大事。
ということをおもにお伝えしました。

あとは、実技として、

生育の確認ということで、
少しぬかるんではいましたが、前回まいたニンジンの畑で作業をしました。

まず、生育のばらつきがあるため、その原因を見てみました。
おもには、種まき時の問題で、播種機に入れた種の量が少なかったこと。
溝きりが浅く、覆土が不足したこと。
コーティング種子については、乾きが多かったこと。
などを確認。
原因をつきつめて、問題点を一つ一つ解決し、次回の反省とするようにしました。

次に、そのにんじん畑の草取りをカッサライとのこぎりがまを使い、行いました。
ニンジンは、草との競争に負けやすいため、こまめな草取りが必要であること。

残りの時間は、秋収穫のレタスの種まきをトロ箱のして、完了。
今回は、暑い中でしたが、みなさん、積極的に作業を行ってもらい、充実した開催でした。

参加された皆さん、お疲れさまでした!!
posted by 有機の郷づくり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年07月22日

有機農予備校(2011年7月)〜合鴨水稲同時作コース〜

2011年07月17日(日) 合鴨水稲同時作コース
講師自らレポート!じっくり読んでください!!

7月17日予備校(本年度5回目) ドラゴンファームにて田んぼ編

早、5回目を迎えた予備校生。
二組の夫婦と、ひとりの独身女性。奇しくも全員がほぼ、同世代。
丁度我が家の長男世代だから我々夫婦から見れば、みんな我が子みたいなもの。
それぞれが仕事を持ち、活躍しているのに、
強い農業指向を持っていて、熱心に通ってくる。

仕事の種類はそれぞれ違うが、
今持つあこがれが共通しているだけに、
農業体験中も完全に一つに溶け込み、
和気あいあいとやってくれるからこちらも一緒にやっていて楽しい一日である。

今日のメニューは
午前:出穂間際になってきた第一田んぼのジャンボひえ取り、
午後:今盛りになってきた実もの野菜の収穫やメンテ作業、そしてねぶかネギの定植体験
を予定している。

先ずは、ひえ取り。
先月はまだ中くらいまでのサイズのひえだったから
抜き取ったひえは腰籠に入れれば一筋あるいても十分に余力があった。
端に行って籠から田んぼの外へひとまず出して次の筋を歩けばよかった。

今回はもっと大きくなっているので一筋歩く間に持ちきれなくなってしまう。
そこで、抜いたひえを3−5つ折りにして
そのまま田んぼの泥にこぶしごと突っ込んで埋めてしまうという技術を伝授。
これで効率よく前に進んでいくことが出来る。

20110717_01.jpgこの写真はみんなで列を決めて抜き進んでいるところ。


カモをカラスから守るためのテグスが張り巡らせてあるが、
みんな前月までに自分たちで張ったものだから、うまくまたいだりくぐり抜けながら進んでくれている。



20110717_02.jpgこれは、田んぼへ入る推奨姿。長袖シャツに手袋。
日よけ帽子に、日本手ぬぐいでほおかむり。
これは稲の葉で肌を傷つけないため。
そして目にはサングラスか伊達めがね。
勿論、ゴーグルが最適だが。
これは、ひえをさがしてかがんだとき、
稲の葉の先端で瞳を傷つけないため。


毎年、この季節には目医者が忙しくなるというほど、危ないのです。
足は裸足が一番だが、膝下を傷つけないよう、タイツ姿がベスト。



20110717_03.jpg田んぼへ埋めながら突き進むという方法をとったが、
端の方では、埋めるより抱えて端まで突き進み、
外の道路上へひとまず放りあげて、
最後に回収して回るというのが効率的。
写真はそのひえ。


まだ穂は出ていませんが結構大きくなってしまいました。
でも、これが又次世代の為の肥料に変わっていくのが有機農法の素晴らしいところです。



20110717_04.jpg道路上へ放り出したひえや雑草は最後に軽トラに積み込み、向かいの第一畑の集積場へ道路上から放り投げる。
本日の成果をを身をもって実感できる瞬間である。


去年は、合計3トンになったという記憶がある。それを一人でやったんだと、感慨深い。
今年は若者達がみんなやってくれた。しかも格段にひえの量が減ってきた。
今までの苦労の成果であろう。それに、今年の鴨ちゃんもよく頑張ってくれたからカモ。
ちなみに、この集積したひえや雑草はこれから堆肥になったり草木灰になって田畑に還元されるのです。



20110717_05.jpgさあ、いよいよ、お昼ご飯。
今日は家内が天ぷらの用意をしてきてくれたので、
先ずはその為の実もの収穫。
先月、整枝剪定した3本仕立てのナス、ピーマン、
万願寺トウガラシ、シシトウなどが取り盛り。
それに、オクラや紫蘇も天ぷらにはぴったり。
みんな1ヶ月の成長ぶりに目を見張りながら収穫。



20110717_06.jpg20110717_07.jpg



20110717_08.jpg収穫した獲物を家内が天ぷらにしている間もみんなで談笑。
今日はギラギラの太陽だが、空気は乾いているので
近くの桜の木の下へ移動。


何とも心地よい風の当たる木陰。
みんなの将来への抱負にも熱がはいる。素晴らしい生徒達だ。



20110717_09.jpg午後の一番にはねぶかネギの定植。
溝切り、施肥、埋め戻しまでは、事前準備完了。


一週間かけてこつこつ定植してきた5000本の最後の100本を定植実習してもらった。
暑いかんかん照りで、ネギ苗もぐったりだが、明日からの台風できっとよいお湿りが来てくれるでしょう。



20110717_10.jpgそんな中で誰かが雑草の中に珍しいもの発見!
いやいや、雑草畑でなくて、人参畑なんですよ。
その中に一本だけ早熟で花を咲かせている人参の花なのです。低山の野山でよく見かけるししウドの花にも似ています。


ちょっとエッチですが、スカートの中を覗くように花を下から青空に透かして眺めると、
メルヘンの世界が開けるよと教えたら、その通り見つめて感激してくれました。
壮大な宇宙が見えてくるのですよ。



20110717_11.jpg午後の最後の仕事はトマトの整枝、誘引。


その前にまたもや家内から甘い提案。
家内管理のブルーベリー畑の収穫体験をして、作業終了後にご褒美として、ブルーベリーデザートにしてあげましょうというもの。
紫に熟してからもなお、大きくなっていくのを待った方が甘くなるとの、私も知らない事実を教えておりました。



20110717_12.jpg本日最後の学習は、大きくなったトマトの整枝誘引。


先月もう少し小さな苗の間に脇芽を摘むのは学んだはずでも、ぎっしりと大きくなった成木からの脇芽見分けは少し難しいようです。習うより慣れろの世界ですね。
今年のトマトは長年連作の大ハウスを止めて露地での雨よけ栽培をしているのです。
ちょっと窮屈に見えますが出来はなかなかいいようです。



20110717_13.jpg最後に、家内の約束通り、収穫したブルーベリーにヨーグルトをかけたデザート。


みんな、幸せ、満足のひとときでした。
話弾んで、来月の予備校のカリキュラムに登山を盛り込んでと言うことになりました。
なんとみんな、山好きという共通点もあったのです。
朝霧の龍ヶ岳をターゲットにして大自然を肌で感じるのも有機農法の基本でしょうということであっという間に決定しました。




posted by 有機の郷づくり at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年05月02日

有機農予備校(2011年5月)〜畑露地野菜コース〜

2011年05月01日(日) 畑露地野菜コース
今回は、講師自らレポートしてもらいました!!

今日は、月に一度の有機農予備校
毎月第一日曜日が、私の担当。
受講生は二名です。

3月から始まったこの予備校。
毎回実技と座学とを講義。
今回の座学は微生物がテーマ。
そして実技は、オクラの種まき、ゴボウの追い播き、タマネギの除草

◆オクラの種まき
オクラの種は殻が固いため、一晩水に浸けてから播種するのですが、
今日は雨のため、その雨を利用して、そのまま播種。

◆ゴボウの追い播き
そして、本葉が出始めてきたゴボウ。
しかし、時々発芽していなかったり虫に食べられたりで、無くなっている所が・・・。
そんな所に今のうちに追い播きです。
あまり大きくなってからですと、隣の先に発芽しているゴボウの影になり、上手く育たない。
昨年は、そんなこともあり、まともなゴボウが少なかった反省をいかして。

◆タマネギの除草
さらに、まだ途中だった残りのタマネギマルチの除草。
雑草の勢いが強くなり始めてきました。
タマネギも除草してあげて、蒸れないように、
そして、除草することで、酸素が地中に供給されるかな??
・・・と勝手に思いながら。

ゴボウの追い播きゴボウの追い播き


風も少しあり、肌寒い一日でした。

教えるという立場もなかなか難しいです。
こちら側も勉強。
知らなければ教えられないし、知らないことが明確になる。
貴重な経験です。

とにかくこの2年間で積み重ねてきたものを、全てぶつける!!
そんな予備校。

まだまだ反省点も沢山ですが、とにかく楽しもう!!!

posted by 有機の郷づくり at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年04月05日

有機農予備校(2011年4月)〜畑露地野菜コース〜

2011年04月03日(日) 畑露地野菜コース
今回はキャベツの苗の定植作業。

実習の様子@キャベツの苗について説明


実習の様子A定植の仕方を説明


実習の様子B一つ一つ大事に取り出して定植準備


実習の様子Cひたすら定植

posted by 有機の郷づくり at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年03月20日

有機農予備校(2011年3月)〜plus〜

有機農予備校の実習の様子を追加します。
実習は、農家の仕事そのもので実践的に行います。

2011年03月13日(日)
畝つくり→種まき
畝つくり鍬実習鍬を使って土おこし。


畝つくり耕うん機実習@畝つくり耕うん機実習A最初はおっかなびっくりでも、
だんだん慣れて、このとおり。


種まき実習種まきに集中!



2011年03月19日(土)
畝づくり→マルチかけ→種まき
畝つくり手本まずは講師が手本。
無駄な動きがない!


畝つくりと種まき実習次は研修生で。


種まき実習この日は大浦ゴボウの種まき。



■■■ 有機の豆ちしき ■■■


◆富士山の笠雲
富士山の笠雲

「富士山に笠雲がかかれば近いうちに雨。ひとつ笠は雨、二重笠は風雨」と言われています。
ちなみに天気予報では明日は雨。

posted by 有機の郷づくり at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年03月15日

有機農予備校(2011年3月)〜合鴨水稲同時作コース〜

2011年03月11日14時46分ごろ、
三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生しました。
この地震で犠牲になった方のご冥福を祈るとともに、
避難されている方が、一日も早く安心して生活できることを
切に願います。

有機の郷づくり スタッフ一同


2011年03月12日(土)
この日は合鴨水稲同時作コース
20110312_01.JPG畑の前で青空教室。


20110312_02.JPG20110312_03.JPGこれからの
スケジュールと
講師が行っている合鴨水稲栽培を
手作りテキストで説明。


畑に場所を移し、
20110312_04.JPG太陽熱処理の説明。


20110312_05.JPGねぎの栽培実験の成果を説明。
ベテラン講師も勉強、実験と日々努力!!


畑の横には、
20110312_06.JPG仕事を引退した合鴨たち。


20110312_07.JPGそして、畑から見える富士山!!


■■■ 有機の豆ちしき ■■■


◆太陽熱処理
太陽を利用することで環境に負荷をかけることなく土壌中の害虫、雑草の種を死滅させる。
太陽熱による地温上昇のみで殺菌する場合は、
夏季に土壌表面を透明なポリエチレンフィルムで覆い、
土壌温度(10〜20p程度の深さ)が40度以上で20日間以上必要だといわれる。
微生物の働きによる有機物の発酵熱を利用する場合は、事前に有機物を施用する。

posted by 有機の郷づくり at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年03月06日

有機農予備校(2011年3月)〜畑露地野菜コース〜

2011年03月06日(日)

ついに有機農予備校がスタートしました!!

この日は畑露地野菜コース
講師、受講生の皆さん、初めての顔合わせ。
少し緊張している??

学課の様子。
学課の様子@講師が語る、
有機農業との出会い、就農のきっかけ、農家の生活に
熱心に耳を傾ける受講生の皆さん。


学課の様子A手作りのテキスト。


学課の様子Bこちらは、畑の中で。
受講生の方からの
積極的な質問に応える講師(写真左)。



実習の様子。
実習の様子@踏込み温床作り。
説明を聞きながら、実際に作業。


実習の様子A玉ねぎの植付け。


作業の合間に、
畑のまわりの景色も楽しんでください。
実習の様子B振り返るとこのような景色。


始まったばかりのこの取り組み。
有機の郷づくりでは、
就農をめざす方のチカラになれるように努力していきます。
受講された皆さまからのご意見、ご感想をお待ちしております。
気軽に、事務局までお寄せください!!

■■■ 有機の豆ちしき ■■■


◆踏込み温床
落ち葉とチッソ成分が含まれる肥料を交互に重ねていき、水を加えて踏込む。
落ち葉の炭素成分とチッソ成分が反応して発酵熱が出る。この熱を利用して冬のまだ寒い時期に
夏野菜などの種を播く。熱が収まった落ち葉は、翌年からの種まきの土として使える。
踏込み温床は省エネルギー、資源の有効利用と大変有意義な技術。
温度を一定に保つため、農家それぞれの工夫したレシピがある。

posted by 有機の郷づくり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年02月27日

有機農予備校が始まります!

いよいよ3月から有機農予備校が始まります。

有機の郷づくりのメンバーは、
有機農業を目指す新しい仲間と会えると思うと
今からわくわくどきどきです

有機農予備校の様子は
郷ブログでお伝えしていきますので、どうぞお楽しみに!!
posted by 有機の郷づくり at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校