2017年03月18日

堆肥の勉強会

先日、県農林事務所のご協力で、堆肥の勉強会を開催しました。
当日は、市内外の有機農家も含め大勢の方に参加していただきました。

内容は、最近の堆肥事情、堆肥の効果的な施用方法、位置づけ、重金属の影響、服用する抗生物質の影響、輸入飼料に含まれる除草剤の栽培作物への悪影響など、県の試験場職員の方に説明していただき、質疑応答も活発に行われました。

個人的には、抗生物質の土への残留、輸入飼料の遺伝子組み換え、堆肥に残留する除草剤特性の畑への影響などが非常にきになりました。

IMG_7599.JPGIMG_7600.JPG
posted by 有機の郷づくり at 11:14 | TrackBack(0) | お知らせ

EM菌の講習会

EM菌の使い方講習会を開催しました。
当日は、当協議会員以外の有機農家も含め、やさし菜農園さんを講師にEMぼかしの仕込み方、実際の施用方法などを実践して行いました。

IMG_7610.JPG
posted by 有機の郷づくり at 10:55 | TrackBack(0) | お知らせ

2016年12月18日

有機農業に活かせるか!?草たちの研究発表会。


協議会では、生き物たち(植物、菌たちも含めて)にもっと着目して、有機農業の素晴らしさを伝えられればと常日頃思い、生き物認証活動(仮)をしています。

そんな折り、植物(草たち)研究に熱心な静岡大学 稲垣先生のゼミの学生さんたちの研究結果を当協議会向けに発表していただくことになりました。

この中には、協議会員も協力をした研究も含まれています。

一般の方でも、興味のある方は、ご自由にご参加ください。

お問合せなどは、メールまたは宮田(090ー4266ー3299)までお願いします。


日時:2017年1月11日(水曜) 10:30〜12:00
場所:上野会館 中、小会議室

内容:
・畑地雑草は指標植物として利用できるか?
・野菜や果物残渣の雑草抑制効果の検証
・キウイ剪定枝の雑草抑制効果の検証
・イタドリの表層施肥がナス栽培に及ぼす影響
 ー徳島の伝統農法の検証ー
・茶園雑草のカフェイン・カテキン感受性の種内変異
 −どうして茶園に雑草が生え
るのかー
・コセンダングサの二型性が種子発芽に及ぼす影響
 −くっつき虫が防除しにくい理由ー

IMG_3131.JPGIMG_3134.JPG
posted by 有機の郷づくり at 10:20 | TrackBack(0) | お知らせ

2016年12月09日

エコファーマー全国交流会

IMG_6952.JPG

11月29日/30日に三島でエコファーマー全国交流会が開催され当協議会員も参加しました。
なぜか、日本の有機農家は、カテゴリーとして、エコファーマーの中の一つに分類されています。

農家の方の実践紹介、農水省の方針、流通の最新情報など盛りだくさんな内容でしたし、有機農業のことについても所々で触れる内容がありました。
ただ、個人的見解で、昔から思っていることでもありますが、優れた取り組みをされているエコファーマーの方は、有機物を多く使われていて、化学肥料、農薬をやめても十分野菜は、育つなーと感じました。
つまり、有機農家に転換されることは、容易いと思います。

どちらにしろ、有機農業の外の世界をみれたことは、大変有意義でした。
posted by 有機の郷づくり at 13:10 | TrackBack(0) | お知らせ

2016年12月08日

オーガニックライフスタイルEXPO

IMG_6824.JPGIMG_6860.JPGIMG_6828.JPG


東京国際フォーラムにて、「第一回 オーガニックライフスタイルexpo」が開かれ、当協議会からも出店しました。

11月18日、19日の2日間で、延べ1万9千人の来場者数で大勢の方に来ていただき、とてもありがたかったです。

posted by 有機の郷づくり at 19:29 | TrackBack(0) | お知らせ

秋の大感謝祭開催!!

IMG_6905.JPG
IMG_6909.JPG

一年に一度の「大感謝祭。開催!!」

秋の収穫の恵みに感謝する百姓たちの手によるお祭り。
富士山の見える田んぼが会場。
農家たちとその仲間たちが、食べ物、飲み物、各種ワークショップを用意して。

歌あり、バンドあり、踊りあり、劇あり、落語ありで、締めは参加者全員で踊る藁をもってのジャンベダンス。
楽しいハレの日でした。
posted by 有機の郷づくり at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2012年11月23日

2012年 あいがも感謝祭

2012年11月23日(祝)
恒例のあいがも感謝祭が行われました。

心配した雨も開始するころには上がりました。感謝です。
自慢の野菜や工夫をこらした手作り料理がたくさん並び、
多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました!!

20111123_01.jpg20121123_02.jpg


20121123_03.jpg20121123_04.jpg


20121123_05.jpg20121123_06.jpg


20121123_07.jpg20121123_08.jpg


20121123_09.jpg20121123_10.jpg

posted by 有機の郷づくり at 19:27 | TrackBack(0) | イベント

2012年05月20日

有機農予備校(2012年05月)〜合鴨水稲同時作コース

2012年05月20日(日) 合鴨水稲同時作コース
2012年度の有機農予備校、合鴨水稲同時作コースからのレポートです。

H24年5月20(日)日、有機予備校本年度3回目(ドラゴンファーム田んぼ編)

今年度の予備校生は3名だが、今日は法事などの急用で二人は欠席。
なのに、昨年の予備校生3人が今年もとかけつけ、総勢4名でにぎやかに開催することが出来た。

今日は、稲作でもっとも大事な田植えの実習。
2反部強の田植えを今日中に完了させる予定。
先ずは、田植機の走り方の机上講義。画を使って、基本的な走り方を説明する。
如何に綺麗に一筆書きで走行、脱出するかが、ポイント。
自分が始めた頃は誰も教えてくれる人が無く、何とも無惨な仕上がりだったことを鮮明に覚えている。

次いで、田んぼに入って畦際の盛り上がった土の均し作業。
鍬を使って均しているのやら盛り上げているのやら、ハラハラしていたがだんだん、仕上がっていく。一安心。

そこでいよいよ田植機に乗って植え付け開始。
勿論運転は自分がして予備校生はその手伝い作業から。写真は、稲苗トレイを田植機へと渡してもらっているところ。このあうんの呼吸がスムーズに田植えできるかどうかのひとつのポイントでもあります。

20120520_01.jpg

そうこうしている間に、家内が宅急便営業所止めで大阪から送られてきたアイガモのヒナ50羽を引き取ってきてくれた。そう、田植えの日か、その前の日に生まれたヒナが合鴨農法ではもっとも適した方法なのです。

輸送箱を開いて、最初に砂糖水を一羽一羽与える役が本来ならば私であるべきなのだが、今日は予備校。貴重な体験を生徒達にやってもらう。このとき、声をかけてやり、この人が親だよという刷り込みをしておくと、後々、カモ集団を制御するのがうんと楽になるのです。

20120520_02.jpg

今回は仕方ないので、そのうち、かもを一旦ひもじい状態にしてから、刷り込みをやってみようと思います。

さて、田植えも順調に推移し、最後はみんなで補植作業。畦周りをくまなく一周と、歯抜け部に手植えしていく作業です。
今までは余り重視していなかったのですが、周辺は陽当たりよく、雑草が生えやすいので補植しておいた方が後々、楽になるということを体験してきたからやることにしたのです。

20120520_03.jpg

予定通り、田植え、補植まですべてを完了したので、既にアイガモが田んぼで活躍している最初の田んぼへと移動。そこは、3週間前に田植えを済ませたので既にアイガモは3週齢になっており、大きくなってきています。

写真は田んぼの中のエサ場に集まってきた鴨達。

20120520_04.jpg

既に刷り込みが終わっていますので私が呼べば、どこへでも殺到してきてくれます。
此の習性を利用して、田んぼの中でヒエや雑草の芽生えが多いところで呼びつけ、そこにエサを播いてやると、瞬く間に雑草が踏みつぶされるということがわかりました。
今年は此の作戦でヒエ取りがうんと楽になるのではないかと期待しています。

二期生も卒業生もいやされながら一日を学び、楽しみました。

新入生と卒業生の交流もあり、貴重な田植え体験でしたね!
posted by 有機の郷づくり at 00:00 | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年12月18日

有機農予備校(2011年12月)〜合鴨水稲同時作コース〜

2011年12月18日(日) 合鴨水稲同時作コース
2011年度最後の有機農予備校となりました。合鴨水稲同時作コースからのレポートです。

H23年12月18日予備校(本年度10回目最終回) ドラゴンファームにて

5人の生徒のうち、4人は今回が本年度の最終回だが、
後発で参加したもう一人があと2回あるので、1月2月も自己責任で参加させて欲しいという。
その熱心さに快く了承。
都合3回で崩壊した大ハウスの解体、再組み立てを勉強しようということになった。

20111218_01.jpg

早速今日はその為の事前片づけ作業。
ハウスの周りは資材置き場になっていたので先ずはそれを撤去する必要がある。
隣接した畑に防草シートを張り、そこに、パイプや支柱、クワ類を種類別に並べていく。
大勢でやるから作業ははかどる。
こういうときはこちらも大助かり。

資材の撤去が終わったあとはいよいよ、
ハウスと一体化して取り付けていたハウス周囲の防草シートの取り外し。
この頃から、単なる片づけではなく、
ハウスがどういうメカで組み立てられているかの実地勉強となる。
ビニペットでのシート固定法、螺旋杭の取り外し方、
22mmパイプの接続部の回転防止構造の理解などなど。

午前一杯かけて、ハウス周りはすっかり片づき、
いよいよビニールをはずせる段階まで来たが、今日はこれで終了。
午後は決まって風が強くなるので大きなビニールをはずすのはとても危険だからだ。
大凧のように人間ごと空中に吹き飛ばされかねないのである。
従ってそれは、次回の午前中ということにした。
このあとは昼食だが、その前にサトイモ掘りの体験。
種芋、親芋、小芋、孫芋の付き方を発見して大歓声。
そう、食べるだけで育てを経験していないと、こんな事でも感激なのだと改めて驚く。
とったサトイモはアルミホイールでくるんで焼き芋に。
真っ白でとろけるように焼き上がった芋の美味しいこと。
またまた歓声が上がる。

20111218_02.jpg

昼食後は腹ごなしに川向こうの山菜畑まで散歩。
ここの2枚に植えた小麦の麦踏み体験。
これも大勢でやるから効率のいいこと。
疲れたり飽きたりしないうちに2枚の畑が完了。
年明けにもう一二度踏めば立派なたくましい麦になるでしょう。

20111218_03.jpg

ハウスに戻ってみると、
午前中に仕込んだクンタン作りの山からの煙の出が悪くなっていて
残念ながら今日中のクンタン完成とまでは行かなかったが
富士山式のクンタン作成法はわかってもらえたと思う。

20111218_04.jpg

このあとは9月に植え付け実習した
冬野菜の大根、ブロッコリー、キャベツ、白菜などのおみやげ兼用の収穫体験。
11月は感謝祭の実習カリキュラムだったので
2ヶ月ぶりの成長にみんな目を丸くして喜んでいた。
それに、人参、ねぶかネギも最高の時期でみんな大満足。

20111218_05.jpg

最後は予備校の修了証書を授与してめでたく修了式。いい生徒達でした。

受講生のみなさん、1年間お疲れさまでした!!
posted by 有機の郷づくり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農予備校

2011年11月23日

2011年 あいがも感謝祭

2011年11月23日(祝)
富士山麓合鴨農法の会主催の、あいがも感謝祭が行われました!

近隣から遠方まで、たくさんの方がお越しくださいました。
ありがとうございました!感謝です!!


20111123_00.jpg20111123_01.jpg


20111123_02.jpg20111123_03.jpg


20111123_04.jpg20111123_05.jpg


20111123_06.jpg20111123_07.jpg


20111123_08.jpg20111123_09.jpg


20111123_10.jpg20111123_11.jpg

posted by 有機の郷づくり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント